性格ブスなママ。その②女郎屋の女将のようにホステスに枕営業をあっせんする。

夜のお仕事

性格ブスなママ。その②です。

その①では常識外のワガままが過ぎるイタいママの話でしたが 今回は枕営業をゴリゴリに進めてくるママの話です。

ある売上げトップのママがいました。

年齢は高齢でしたが 流石はママの気質で細かなところに気が利き
会話は嫌味なく豪快でお客様もヘルプのホステスも楽しく笑いが絶えない
ある意味かっちょいいママです。

その辺の男性には負けないような男気質な上に女性として気が利く部分があり
私もとても尊敬していました。

また店の裏でワガままママに絡まれてるホステスをかばうように
その場に割って入り助け船を出してあげたり。
誰もが尊敬し慕うママでした。

ですが ある程度一緒に働くにつれ一部のホステスから同じ噂を聞くようになりました。

「お客様と密にお付き合いしろ」

2人きりで温泉に行ってこい」

そんな事を再々言われてどうすればいいか困ってると…。
え?嘘でしょ? あのママが???
と最初は半信半疑だったし 別にそうだとしても自分には関係のない事と思っていたのです。
けど遂にお店を辞めて逃げて行くホステスが何人かいたりして。
あぁーこれはマジな話なんやなと…。

そしてある日その順番が私にも回ってきたのです。

ママ口座のお客様に気に入っていただき1年間毎週2日はそのお客様に同伴をいただいてました。
ノルマのキツイお店でしたし お客様はその事も知って下さっていたので
当時は大変助けて頂いてました。
応援していただいてる反面もしかしたら。
そろそろヤバいかもしれないと内心思い始めていたら案の定。

「お客様と付き合いや!」

あー。やっぱり始まった。なんとなく交わすと今度は

「あのお客様はめちゃお金持ちやから付き合わな損やで!」

「大事にしてくれるし安泰やで!」

などと 店の外以外の営業中でも二人になる隙を突きまくって言ってくるのです。

ε=(´ο`*)))ハアー

毎日疲れるわ!

お店で一番売上=権力を持ってるママにそんな事を言われれたら
最終は従うか従わないか選択に迫られます。

ママに無理矢理押し付けられなくとも
私がそのお客様に対して特別な感情が生まれていたらお付き合いする事があったかもしれませんが。

どうしても無理でした。

それまで被害に遭ったホステス同様に。
また私の場合は丁度そろそろ他店に移りたいと思っていた時期でもあったので退店したのでした。
そしてその私を応援して下さっていたお客様も中々キツかった…。
これは後日お客様編の方の記事に書きたいと思います。
て言うか。

当時にしてもソコソコいい歳でした。そんなホステスを捕まえて
枕営業を斡旋するのはやめてくれー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました