道頓堀でタイ料理バイキングを食べる in クンテープ/Thai-Foods.

アジア食べ歩き

とある日の東南アジアグルメはクンテープ・道頓堀本店です。

クンテープ・道頓堀本店ってどんなお店?

場所は食いだおれで有名な道頓堀のど真ん中。

この看板が目印です。

雑居ビルの地下一階に下りるとワンフロア全てがお店です。
入店すると愛想の良いスキンヘッドの店員さんが
お席の案内とバイキングの説明として下さいます。
めちゃくちゃテキパキされていて仕事ができる方で


独りでもゆっくりと食事が取れる川沿いのお席が空いたのでと気を利かせて下さって
途中で席を変更して下さいました。

お昼のThaiランチバイキング。

色々なオカズ・トムヤムクン・タイカレー・麺類・デザートなど
約15種類のタイ料理が食べられます。

春雨炒め/鶏肉のホーリーバジル炒め

イカのチリインオイル炒め/豚肉のにんにく炒め

野菜のディップ/魚入りバーニャカウダ&トマトソース

タイ式卵焼き/タイ式フライドチキン

フライドチキンサラダ/春雨サラダ/豚ひき肉のサラダ

トムヤムクン/グリーンカレー

タイ式うどんコーナー
セルフの麺コーナー。
自分で麺を湯がいてモヤシと薬味を乗せてスープを注ぎ調味料で味付けします。

デザート/餅米ココナッツミルク/さつま芋のココナッツミルク

かぼちゃプリン

これらがこの日のランチバイキングのメニュー全てです。

おかわり自由なバイキングを堪能!

少しづつ全ての料理を制覇するぞ!
と意気込んでお皿に盛り付けたらこんな感じで大量でした(笑)

春雨炒めと卵焼きと唐揚げを一口づつ。
人気の春雨炒めは常に売り切れ気味でした。
甘い味付けだから日本人に人気なのかな?

鶏肉のホーリーバジル炒めは しっかりたっぷりとバジルが加えられていました。

イカのチリインオイル炒めはご飯泥棒な味です。

これまたご飯泥の豚肉のにんにく炒めです。

個人的に好物のヤムウンセンとラープ。
ラープの酸っぱスパイシーさが大好きです!
もちろん後からおかわりしましたよ(笑)

サラダのディップは魚の方はアッサリし過ぎていて好みが分かれるかも。
ミートソースは辛さ控えめで濃厚で美味しかったです。

トムヤムクンはちゃんと香草が入っていて
普通は食べないレモングラスもガランガルも好物なので残さず食べちゃいました。

グリーンカレーも油が分離していてgood.
お料理全てが濃いめの味付けでご飯泥棒です。
チャッカリおかわりもしてパンチクリン食べさせて頂きました。

ただ あえてと言いますか。
味がどうこうではなくて ミナミの土地柄なのか?
大声で喋るお客様が多くて終始店内がうるさかった事と
店内の清潔感に欠ける点が残念でした。
これだけの品数の料理を低料金で提供されていてるので
ランチタイムのスタッフも限られた人数でした。
人件費に掛ける費用を少なくすると細かなところまでは手がまわらないのでしょうね。。

けれど。スキンヘッドの店員さんの働きぶりと気遣いの良さには感心させられました。
あれ程出来る方はなかなか居らっしゃいません。素晴らしかったです!
「ごちそうさまでした」

関連ランキング:タイ料理 | 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました