旧ブログ記事/2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~2日目/遺跡群巡りと「涼み小屋」で屋台のローカルランチ編~

アジア食べ歩き

(この記事は旧ブログ記事を再編集して更新したものです)

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅の続編をアップしました。

前回の記事はこちら→2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅〜出発編〜

・2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~1日目夕食編~

・2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~2日目/アンコールワットの朝日とランチ編~


 ローカルランチでお腹を満たしして 再び遺跡巡りの再開です。

タ・プローム遺跡
こちらの遺跡は樹木に侵食された発見当時のままの様子を残すためにあえて樹木の除去は行わず遺跡保持のメンテナンスだけに留めているそうです。
アンジェリーナジョリー主演の映画「トゥームレイダー」のロケ地になったことも有名ですね。

長い年月をかけて寺院を突き破り生き抜いてきた木を見ては 大自然の強さにただただ息を呑みました。

至る所に根を伸ばし侵食してます。

こんな枯れた土地にも適合して生き抜ける木は本当に強いです。

日中の暑い時間帯は動物もお昼寝モードです。

私達観光客は暑さにマケズ。
アンコール・トム見学を進めます。

ライ王のテラス彫りの深いレリーフが全長25m・高さ6mの壁一面に刻まれています。

中は迷路のようになっていて好奇心をくすぐられます。

ここでも顔がない石像が・・・(涙)

次の観光地はバイヨン

遠目から見ただけで繊細な建築物にお見事です!の一言です。

そしてここは兎に角(顔)だらけです。

個性が強いのなんの(笑)

石像とキスしたような写真が撮れるポイントで調子に乗ってこんなのを撮って頂きました。
ガイドさんに帽子とサングラスを取るよう勧められましたが…とても暑かったので拒否しました。
日よけ対策に長袖シャツ・帽子・サングラス・マスクは必須です。

第二回廊
第一回廊の写真は取り忘れていたようで第二回廊です。
こちらは建物の現状が良いです。

第2回廊/レリーフ
クメール軍とチャンパ軍の戦争や昔の生活を表してます。

南大門

アンコール・トムへと続く門は東西南北と勝利の門の5つありますが破損が激しい中でも修復状態が良いのがこの南大門です。

お濠は敵からの防衛目的はもちろん 水田にも利用されていたそうです。

蛇神ナーガの胴を引く神々
石像一体一体の顔が違っていて個性的ですね。

蛇神ナーガ
日本の蛇と違って頭が大きくてコブラかな?迫力があります。
そして実はこの写真の反対側には蛇神ナーガを引く阿修羅があり乳海攪拌の神話のシーンを現した場所だったのに 阿修羅の方を撮り忘れてる私…。
暑さと疲れで見落としてしまった事に日記書きながら気付くだなんて(꒦ິ⌑꒦ີ)

バイヨン遺跡巡りを終えて エアコンの効いたチャーター車に乗り込んだ時は天国でした☆
そしてそのまま涼み小屋へ向かいました。
目的はお昼寝ではなく二度目のランチを食べるためです(笑)

まずは涼み小屋の目の前のローカル屋台で買出しです。

蛙・蛙ソーセージ・小鳥の焼き物
蛙の焼き物には衝撃を受けました!海外屋台あるあるですね。

丸鳥はよくこんなに上手にペシャンコにしたものだなと一同関心の声が漏れてました。

大きな木造りのテントの集合屋台ですが ほとんどのお店が焼き物屋でした。
ガイドさん曰く炭火で焼いてるから美味しさは保証できますよ〜。
焼き物やの隣で衣類を売るのも日本では見られない光景ですね。

幼虫・コオロギ
何これ?美味しそうと近づいて見ると…虫だ!
ガイドさんにつられて皆はポリポリと食べてましたが…(;´∀`)・・・うわぁ・・・
私は食べられませんでした。

蓮の実
日本では食べない蓮の実が果物と一緒に売られてました。
これは是非食べてみたい♪

西バライの涼み小屋/Baray Spillway

西バライという巨大な溜池のふもとにあるハンモックのある涼み小屋です。

中の様子はこんな感じで席を囲むようにハンモックで区間が区切られていて
ここもまた観光客が少なくローカル感がバリバリです。
日本人は私達だけでした。

屋台で調達した料理を並べて アンコールビールで乾杯しました。
パパイヤのサラダや魚のすり身をスパイシーに味付けしてバナナの葉で蒸したオカズも美味しい♡
蛙のソーセージはお腹の部分に豚ミンチとレモングラスやスパイスを詰め混んで焼き上げたもので
恐る恐る食べてみたらこのオカズがとても美味しかったのです。

ゆっくり食事してハンモックで少し仮眠しようと思ったら 隣の現地人グループが爆音でカラオケを始めました…。
カンボジアではカラオケ流行ってたのかな?
陽気な人が多く この時期は特に結婚式が多いので至る所でノリの良い現地の曲を耳にしましたが そのどれもが音割れする程の爆音で正直ウンザリしてしまいました。

お昼寝の機会をなくして遺跡巡りの再開です。
そしてその遺跡の美しさに疲れはぶっ飛ぶのでした。

バンテアイ・スレイ/女の砦

ここがこの日最後の観光地で夕焼けに染まる赤い寺院を巡ります。

カンボジアが誇るクメール美術の最高峰と称され レリーフのひとつひとつの彫りが繊細で深い。

こちらの画像は夕日の逆光でまるで寺院が燃えてるかの様です。

もうね♡美しさ只々にウットリさせられました。

デヴァターの彫刻
こちらが有名な東洋のモナリザと称されるデヴァータ像です。
中は立入禁止なので離れた場所からですが じっくり見物する事が出来たので満足です。

寺院の裏からの全貌です。
小さいながら手間暇かけて丁寧に創り上げられたバンテアイ・スレイは私の中で思い出に残るであろう特別な場所になりました。
カンボジアで一番おすすめな観光地は?と聞かれたら即答でココ
「バンテアイ・スレイが一番好き」と答えます。

感動の旅はまだまだつづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました