旧ブログ記事/2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~3日目/ベンメリア遺跡とランチ編~

アジア食べ歩き

(この記事は旧ブログ記事を再編集して更新したものです)

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅の続編をアップしました。

前回の記事はこちら→2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅〜出発編〜

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~1日目夕食編~

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~2日目/アンコールワットの朝日とランチ編~

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べん倒れの旅~2日目/遺跡群巡りと「涼み小屋」で屋台のローカルランチ編~

・2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~2日目/日本人経営のSPAと夕食編~

・2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~宿泊先ホテル「Diamond D’Angkor Boutique」編~

・2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~3日目/市場「プサー・ルー」編~

プサー・ルー市場で買い物と食べ歩きを終えた後
シュムリアップ市内から車で約1時間半ほど離れたベン・メリア遺跡を観光しました。
「東のアンコール」とも呼ばれている大きな寺院ですが…。

破壊が半端なかった・・・。

ベンメリアは「天空の城ラピュタ」のモデルとなったと言われている遺跡です。

真意の程は定かではないですが。
「ほら!この辺りがラピュタっぽい」
と日本語ガイド・ダーさんが連呼されてました(笑)

鶏のヒナ発見♡
カンボジアの鶏は黄色じゃなくて白と黒のコンビでした。

とても広い敷地内ですが とにかく破壊力が凄いので
観光できる場所の一部はウッドデッキで足場整備されていて上げ下げありで
アスレチックのような面白さもあります。

密林の中で日陰も多いので他の遺跡巡りより体力温存できます。

何がどうなってこうなったの?

只々圧巻です。

そして同時に切なさも感じながら…。

気付けばベン・メリアの魅力にすっかり飲み込まれていました。

もはや原型は想像できません。

唯一状態が良い回廊が残ってあり。

中を通り抜ける事が出来ました。
写真はすごーく明るくしてスマホで撮ったのですが実際は真っ暗でした。

外と中の明暗差が大きくてオドオドしながら回路を進みました。

ベン・メリアはとても広大な敷地ですが整備されていて観光できる場所はほんの少しだけです。
他の遺跡と比べると観光客もそれほど多くはなく 密林に囲まれているので日よけも出来て
半端ない破壊力が神秘的で他の寺院とはまた違った良さがありました。

観光をあとにして車へ戻る道中に不思議な食べ物を見つけました。
これ何だか分かります?
ピーマンみたいな実に何か引っ付いてる。

正解はカシューナッツの実でした!
どうやって食べるかと言うと実だけを食べ易いようにナイフで削ぎ落として
プラホックと呼ばれる魚を発酵させたペースト状の塩辛みたいなタレに付けて頂きました。
カシューナッツの実の渋味をプラホックの塩辛さとツンとくる魚の香りで
ごまかす様にも思えましたがその渋味とプラホックの個性とがぶつかり合い
パンチの効いた珍味でした。



ランチは休憩を兼ねてハンモックカフェに行きました。

The Hut Natural

所在地 By the river, Off Route #6, Steung Village, Prasat Bakong District, Krong Siem Reap 00000カンボジア

木曜日11時00分~21時00分
金曜日11時00分~21時00分
土曜日11時00分~21時00分
日曜日11時00分~21時00分
月曜日11時00分~21時00分
火曜日11時00分~21時00分
水曜日
11時00分~21時00分
電話 +855 12 926 391
HP→
http://thehutnatural.com/

こちらのお店は雰囲気が凄く良いです。

暑いカンボジアのお昼間の過ごし方にピッタリなお昼寝カフェです。

こちらのメニューもお洒落でした。

絵本のような可愛いメニューは日本のレストランでも真似してほしいセンスの良さです。

グレープフルーツと海老のサラダ
熱った体にグレープフルーツのサッパリした味と海老の旨味が沁みました。

チンゲンサイ炒め
日本のチンゲンサイとはまた違った食感でした。
特有の歯ざわりを大切にする為か葉は使われてませんでした。

クメールソーセージ
魚と豚のミンチにレモングラスやハーブを混ぜて焼いたソーセージ。
これは日本へ帰国してから家で何度も再現して私の得意メニューに加わりました(笑)

豚肉と野菜のスープ

牛肉のスープ
先の優しい味のスープとスパイシーなスープを食べ比べました。
どちらも美味しくてご飯もかけて飲み干しました。

グリルチキン
色んなハーブと3種類のソースにレモングラスと共に頂きます。
ソースの中にはまたまたプラホックが!(魚を発酵させたカンボジアのタレ。香りが強烈!)
しかもなんと蟻入り!(涙)
虫嫌いな私…蟻入りプラホックは手付かずのままでした。

魚のアモック
クメール料理の代表と言えばのアモック。
それぞれのお店の個性があるから毎食食べても飽きることはなかったです。
あ〜また現地の料理を食べに行きたいな~。

つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました