旧ブログ記事/2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~3日目/バコン寺院とトレンサップ湖観光と帰国編~

アジア食べ歩き

(この記事は旧ブログ記事を再編集して更新したものです)

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅の続編をアップしました。

前回の記事はこちら→2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅〜出発編〜

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~1日目夕食編~

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~2日目/アンコールワットの朝日とランチ編~

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べん倒れの旅~2日目/遺跡群巡りと「涼み小屋」で屋台のローカルランチ編~

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~2日目/日本人経営のSPAと夕食編~

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~宿泊先ホテル「Diamond D’Angkor Boutique」編~

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~3日目/市場「プサー・ルー」編~

2018アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅3日目/ベンメリア遺跡とランチ編~


ハンモックカフェで美味しいクメールランチを食べ終え再び遺跡巡り開始です。

当初の予定には入ってなかったバコン寺院に行きました♪

こちらは祠堂。位牌をまつるお堂の跡です。

日本語ガイド・ダーさん曰く建物の4隅に配置されている象の彫刻が有名でこの位置が写真を撮るにはベストポジションだそうです。

時間が押していた事と過密スケジュールの疲労が出てジックリ観ることは出来なかったけど
立ち寄ることが出来てありがたかったです。

ここから再びチャーター車に乗り込み東南アジア最大の湖トレンサップ湖に到着しました。

この度のツアーが開催されたのが3月。
カンボジアは乾季で水が枯れていて所々底が見えていたりでした。
この頃は3000キロ平方メートル規模の湖ですが雨季には1万キロを超える広大な湖になるそうです。

出発してからしばらくは水の枯れた細長い川の様な状態のほとりを進み
「こんな干上がった湖で本当に水上生活してる人がいるのかな?」
と思いましたが 徐々に水深が増していくにつれて
ポツポツと木で足場を組んだ民家が現れ始めました。

民家はどれも細長い木を幾つも組み合わた高床式です。

こちらはトレンサップ湖の水上学校
高床式ではなくて水に浮かんでいるようです。

こちらは食堂
どんな料理が食べられるのでしょうね?
たっぷり時間があれば食事してみたかったです(笑)

可愛い洒落たお宅もありました。
貧富の差が目で見て取れて この様な綺麗な民家があれば
屋根や壁がボロボロの民家もあり色々でした。

トレンサップ湖の水上生活をボート見学した後は
再びチャーター車に乗り込みシュムリアップのスーパーマーケットでお土産を調達してホテルへ戻り荷造りしました。
過密スケジュールで睡眠不足の上に炎天下でヘトヘトに疲れきり
汗だくだった私達にチェックアウト後にもかかわらずホテルの方たちのはからいで
一部屋提供して頂きシャワーも浴びさせて頂いた事には心から感謝致します。
「本当にありがとうございました」

いよいよ帰国です。
夜出発してホーチミンでトランジット。

夕飯は出発の時と同じBig Bowl Saigon Airportです。

ベトナムビールでお疲れ様の乾杯をしてフォーをペロリと平らげました。
疲れた体に染み渡るスープの旨味に幸せを感じながら…。

飛行機に乗るとまた直ぐに機内食です。特別食なので一番最初に提供して頂けます。

食べようとメインのおかずのフタを開けて写真を撮ったところで
キャビンアテンダントさんが大慌てで私の目の前のトレーを下げました。
「え?何なに?」
そして隣席の方のトレーと私のトレーを入れ替えました(笑)
隣席の方も特別食をオーダーしていてメニューの提供間違いでした。
しかも今まさに隣人の方の食事を私が食べる寸前でした…。
そりゃ慌てて取り上げるわな(笑)
ギリギリセーフしたよ。
ちなみに隣人さんのメニューはGFMLグルテンを制限したお食事でした。

私はこちらVOMLベジタリアンミールの中華風アレンジ。

GFMLとVOMLは内容が全く違うやないかい!
置き間違えとは言え。気付かず食べてしまいそうになり失礼いたしました ε-(´∀`; )

夜のフライト途中に綺麗な夜景も見れました。
機内食食べて目を閉じたらあっという間に大阪でした。
これ程までにヘトヘトになるまで遊んだのって何時ぶりだろう?

とても思い出に色濃く残る楽しい旅でした。
今回のツアーを企画して下さったサワディー・シンチャオのオーナーシェフMikiさん。
カンボジア日本語ガイド・ダーさん。
一緒にツアーに参加したPさんご夫妻・Mちゃん・Kさん。
現地でお世話になった方々。
「ありがとうございました♡」

コメント

タイトルとURLをコピーしました