○ECH CAMPのプログライングエキスパートコースを2日で辞めて全額返金してもらいました。

Emi Grandeのトリセツ

思い起こせは5月27日。
コロナウイルスによる夜の繁華街の自粛から 緊急事態宣言でホステスの仕事が休暇になり いつ仕事が再開されるのか分からない中で悩んだ私はある覚悟をしました。

コロナ休暇で決意した事/プログラミングを本気で学びます!
東南アジアグルメ大好き北新地ホステスのブログをご覧頂きありがとうございます。4月1日から始まったコロナ休暇も 早いもので3ヶ月目に突入します。その中で 今の生活とこれからの仕事の事など色々と考えさせられる時間が沢山ありました。...

プログラミングを学んでみよう。
そう思った時にスクール指定のMacBook Proの最新版がタイミングよく発売されていて どうせ買うならハイスペックな方が良いに決まってると高額カスタマイズして購入しました。

そして迎えたプログラミングスクール当日。
カリキュラムを使い一から自分のPCの設定やソフトを入れて その日のうちにコードを書き始めたのですが・・・。

全く頭に入らん。始めから一気に無理だとしても横文字(アルファベット)が頭に入らんのです!
その上 作ったファイルをVSコードというソフトで開こうにも何故か開かない。
そんな不思議な現象にハマってしまい メンターと呼ばれる技術サポートに問い合わせるも電波状況が悪くて画面共有ができずに解決しないまま この日やり終えるカリキュラムを幾つか残してレッスンを終えました。

そして2日目。
ZOOMで朝礼→朝のドリル→アウトプット(例えば・HTMLとCSSについて詳しく他人に説明するなど)
そこから授業50分→学んだ内容のアウトプットの時間5分→休憩10分。
それを1日7回繰り返して夜にまたグループメンバー全員で集まりお疲れ様の挨拶をして終了。
その後2時間はメンターに質問できる時間があるので残ったカリキュラムにを進めながら勉強すること1日10時間。

カリキュラムの進行の早さに私の頭はついて行けないと悟りました。
最短3ヶ月でプロのエンジニアを目指す脳みそは持ち合わせてないです。
という事で返金制度を利用して 最短2日という人生初の早さで挫折を経験したのでした。

夜の仕事の方は6月1日から再開しており 出勤制限などありますが 有難いことに毎晩出勤させて頂いてます。
今は兎に角。真面目に働きたいと思います!

2020年最新版のMacBook Proを購入したので「開封の儀」をしてみました/東南アジアグルメ大好き♡北新地ホステスのブログ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました