本格マレーシアレストランでニョニャ料理を食す/夜のマレーシア ボレ in 福島/Malaysian-Foods.

アジア食べ歩き

とある日の東南アジアグルメ食べ歩きはMalaysia Boleh/マレーシア ボレです。

Malaysia Boleh/マレーシア ボレってどんなお店?

場所は大阪市北区大淀南。
梅田とJR福島駅から共に徒歩10分程。
すぐ近くには大阪市内を一望できる梅田スカイタワーがあります。

店前の様子はこんな感じ。
店内はカウンター5席・4人掛けテーブル席×6席。

2005年/6月5日にオープンされたお店は 隅々まで掃除が行き届いています。
15年の経過を感じさせられることなく キレイな店内で気分良く食事を取ることができます。

こだわりのニョニャ料理×ハラール料理。

こちらのお店では マレーシアとシンガポールのニョニャ( 海峡中国人)やプラナカン (中国系の混血)の人々の手によって発展した。
中華料理の食材・調理器具・食器を用いて ココナッツミルク・レモングラス・ウコン・パンダナスの葉・トウガラシ・サンバルなどの東南のアジアのスパイスをブレンドした中国料理×マレー料理の混合であるニョニャ料理が食べられます。

また。マレーシアはイスラム教徒が多く。HALAL(ハラール)と言われる神様が許した食事をする義務があります。
それら許された食材には全てハラールマークが付いています。
こちらのお店では 食べても大丈夫かどうかを知るためのハラールマークのある食品を使用されてます。

今回はディナーコースを選択しました。

メニューはアラカルトとマカン(食べる)コース・KLコース・ペナンコース・マラッカコース
4種類のコースがあります。
今回はその中からペナンコースを食べてみました。

クルポ(えびせんべい)

クルポ(えびせんべい)
マレーシアのえびせんべい。
ビールを飲みながらや次の料理が出てくるまでの間にポリポリと食べる。

サテー(焼き鳥)

サテー(焼き鳥)
適度な焦げ目が美味しそうなサテーです。

ピーナッツのタレをつけていただきます。
そのままでも味が付いてるので美味しいですけど タレをつけると南国にトリップした様な気分になります。

豆腐卵巻きサラダ.

豆腐卵巻きサラダ
薄焼き卵の中にはレタスなどのお野菜と厚揚げが入っていました。

ドレッシングは甘いチリソースで 厚揚げサラダの淡白さと合ってます。

トムヤムクン(海老のスパイシースープ)

トムヤムクン(海老のスパイシースープ)
なかなか魅惑の色をしたトムヤムクンが登場しました。

スープの中にはたっぷりの香草が入っていて飲むほどに口の中に辛さが広がり毛穴から汗が吹き出しました。
しっかりとスパイシーなトムヤムクンです!

空芯菜炒め.

空芯菜炒め
これまたパンチの効いてそうな空芯菜炒めが登場しました。
タイ料理のソレとはまた違って甘くて濃厚な空芯菜炒めでした。

チキンカレー(ライスorココナッツライスorロッティ)

チキンカレー(ライスorココナッツライスorロッティ)

鶏肉とじゃがいものイエローカレー。
先日ランチでいただいたカレーと同じです。

ロッティ
濃厚なカレーをロッティにつけてビールと一緒に流し込む。旨いよね〜。
夏場の暑さに唯一感謝する瞬間かもしれません(笑)

ナシゴレン(マレーシアの焼き飯)

ナシゴレン(マレーシアの焼き飯)
半熟の目玉焼きとえびせんがトッピングされてます。

焼き飯をそのまま食べても
目玉焼きの黄身を潰して食べても
えびせんにのせて食べてもgood.

これまたピリリと辛く奥深い味のナシゴレンでした。

暑かったのでビールをカブ飲みしました。

この日は朝から気温が高く夕方になっても暑くて…お店に到着した時に大汗かいてた私。

すぐさまビールを頼むとグラスと共にウチワまで出して下さいました。

シンハー→タイガー→ビンタンの順に飲み干すと店長から一言「ビールが好きなんですね」と微笑まれました。

その後 ビールに飽きたので久々にカクテルが飲みたくなってアジアンカクテルを作って頂いたのですが 名前もお酒の種類も忘れちゃいました。
見た目のキレイさとは真逆の強いアルコールには驚きましたね(笑)
このカクテル2杯飲んだ後はスッカリ良い気分に仕上がりました。

以上がMalaysia Bolehのペナンコースの内容でした。

本日も健啖です!
また他のメニュー食べに行った際に順次更新していきますね。
「ごちそうさまでした」

大阪東南アジアグルメ食べ歩き/本格マレーシアレストランでニョニャ料理を食べる/Malaysia Boleh.

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 大阪駅西梅田駅大阪梅田駅(阪神)

コメント

タイトルとURLをコピーしました