横浜食べ歩き!生肉のラープが食べられるお店|タイ国料理 シャム.

中区

とある日の東南アジアグルメ食べ歩きはタイ国料理 シャムです。

横浜で #thailandホリッカーズ 活動の続きです。
一軒目のお店で、いきなりスパイシーなご飯のカオマンガイを食べたあとに向かったのは斜向かいのタイ料理店です。

横浜食べ歩き!チョット変わったカオマンガイが食べられるお店|インムアロイ.
主にタイ料理やベトナム料理などの東南アジアグルメを食べ歩くのが大好きな北新地ホステスです。 横浜のタイ料理店|インムアロイを紹介してます。

タイ国料理 シャムってどんなお店?

場所は横浜市中区。日ノ出町駅をびらりと7分ほど南下した下町の中に位置します。
この辺りはタイ・中国・韓国料理のお店がひしめき合うように点在していて、まるでパラダイスのような土地です♪

古い茶店かスナックの居抜きに見える店内は妙に落ち着くスペースで、初めて来店したとは思えないほどリラックスできること間違いなしです。

シャムのメニューは?

こちちらのお店のメニューもたくさん品数がありますので、ズラリと一気に写真で紹介したいと思います。

siam-menu9
siam-menu8
siam-menu10
siam-menu11
siam-menu5
siam-menu6
siam-menu7
siam-menu3
siam-menu2
siam-menu1
previous arrow
next arrow

実は間違えて1ページ分のメニュー画像を削除しちゃいました (◞‸◟ㆀ)ショボン

それにしても、たくさんの品数を昼夜問わず好きに頼めるスタイル。
というか、この辺りのお店は昼とか夜とかいちいち分けてないお店がほとんどなのかな?
制限なく食べたい料理を食べられるのは嬉しいことですね❤︎

珍しいイサーン料理|ジョーホン鍋を発見!

メニューにイサン地方のジョーホン鍋を発見しました!
日本のタイ料理店を食べ歩くために日々情報を仕入れてますが、私の知る限りこのお鍋はここのお店だけしかメニューにないです。

ちなみにジョーホン鍋は一度も食べたことがないので、どんな料理なのか知りたくて「激旨!タイ食堂」の西尾さんに教えていただきました。

「牛の腸やら入っていて糞も食べるみたいな…」

となんとも衝撃的な言葉が返ってきました!
この鍋に関しては食べる前の前情報は必要ないと思いました(笑)

基本なんでも食べる私ですが、現地に行っても虫や糞は絶対に食べられません。
もしくは、日本で糞入りの腸を仕入れるのは管理衛生上無理だと思いますので、食べるならここのお店が無難だとも思います(笑)

西尾康晴/Nishio Travel
◾️Profile 2017年にタイ・バンコクでTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業。 タイ国内の旅行業や、映像制作業をやっています。 このYouTubeチャンネルでは、タイ国内の超ローカルな食や旅情報、タイ料理レシピを配信しています。 ■タイのローカル食堂や屋台を600軒以上紹介 ■タイ国内...

生牛肉のラープ.

出ました!真っ赤に染まる生牛肉のラープ。

牛の第3の胃。センマイを炙ったのが一緒に和えられていて食感がいいの☆
セロリの茎が牛の血に染まってるのは中々ハードですが・・・味が美味しくて食が進みます。
遠慮なく酸っぱスパイシーで鼻水すすりながら食べてました。

けどこれ、イサーン現地で食べたらこんなもんじゃないほど辛いのは想像できます。
ビールが進む!進む!

考えてみりゃ生肉も血も食べられるのに、なんで腸に付いた糞はだめなんだ!とも思えくる(笑)

ってことで、次回は絶対ジョーホン鍋を食べに来ます。
本日も健啖です!
「ごちそうさまでした」

タイトルとURLをコピーしました