本場Thaiが認めた!タイカレーラーメン専門店 siam/Thai-Food.

京都駅・河原町エリア

とある日の東南アジアグルメ食べ歩きは京都のタイカレーレストラン siamです。

タイカレーラーメンレストラン siamってどんなお店?

場所は京都市中京区。阪急京都線 大宮駅より四条通りを西へ徒歩7分ほどのビルの1階に位置します。

タイが認めた本場の味!siamの自家製タイカレー.

こちらのお店では、円町にある本店の『タイカレーレストラン siam』のタイ国商務省おすみつきのカレーペーストを使用したカオソーイが食べられます。
研究に研究を重ねて作り出した自家製のカレーペーストは『タイセレクト』と『タイ国産業大臣賞』を受賞されてます。

タイカレーレストラン siamのメニューは?

タイカレーラーメンのカオソーイはスープのカレーを定番のレッドカレーとグリーンカレーの2種類から、サイズは並・大・特大の中から選択するスタイルです。
トッピングも豊富でどの組み合わせで食べるかを考えるのも楽しいです♪

また、私の好きなカオマンガイも茹でと揚げの2種類がありました。
ここはもう。せっかく大阪から京都まできたのだから、両方食べるべきでしょう!(笑)

タイカレーラーメン(カオソーイ)

タイカレーラーメン(カオソーイ)

スープは定番のレッドカレー。具はチキンとポークをWのせ!トッピングはタイの調味料で味を付けた煮卵にしました。

スープは濃厚でカオソーイ特有のトロミがあり、ココナッツミルクの風味とスパイスの奥深いパンチが美味しい❤︎

ポークはガパオと豚ひき肉を炒めて濃い味付けで仕上げたものです。

それを再びスープに浸して食べる。

チキンはシンプルな鶏ハムでシットリとしてました。

トッピングの煮卵は黄身が半熟で素晴らしい仕上がりです❤︎

麺も程よい茹で加減で、全体的にバランスのとれたカオソーイだと思います。

半分ほど食べたところで卓上に置かれていた『タイのラー油』に気がつきました。

スープに足して味変します。さらに味が濃厚になりますが美味しい。

カオマンガイ(ハーフ&ハーフ)

カオマンガイ(ハーフ&ハーフ)

茹ではカオソーイの鶏ハムと同じ。

揚げはパン粉を使った鶏カツです。

「せっかく大阪から京都まできたのだから」という意識が強く出て、カオソーイを食べたあとに、カオマンガイを茹でと揚げのWで注文する荒技を使ってしまいました。

このランパーンのお皿めちゃ可愛い❤︎

鶏スープでほっこり。癒されます(笑)

最後にカオマンガイのご飯を少し残しておいて、先に食べたカオソーイのスープにドボンと放り込みました。
こちらは言わずもがな美味しいですよね (。≖‿≖)ニタァ♡⃛

お腹が満腹になりお店をあとにしたのですが・・・ここまできて直ぐに帰ってしまうのは勿体ない気がして30分ほどあたりをウロウロ散歩しました。
それから、お茶でも飲もうとたまたま入ったカフェがモンブランが有名なお店だったらしく。

「この時期限定の桜餅モンブランがオススメです」なんて言われたら即答で「それ下さい」と答えてましたよ(笑)
上品な味で美味しかったです。

菓子工房 KYOTO KEIZO & Sweets Cafe KYOTO KEIZO

本日も健啖です!
「ごちそうさまでした」

タイトルとURLをコピーしました