東京食べ歩き!ルン・ルアン in 新大久保.

東京

とある日の東南アジアグルメ食べ歩きはルン・ルアンです。

スカ育ちのいい女!ヨコスカアイこと #thailandホリッカーズ の隊長と2日目の食べ歩きです。

1軒目の泉州屋台で食べてはしゃいで満喫したあとに我々が向かったのは・・・。

404 NOT FOUND | 三度の飯よりアジア飯

ルン・ルアンってどんなお店?

場所は新宿区百人町。大久保駅と新大久保駅の中腹を南下した辺りに位置します。
アイ隊長いわくタイのデザートの取り揃えが豊富なお店なんだとか❤︎

店内はこんな感じでこじんまりとはしているものの・・・。

タイのお惣菜とデザートのコスパがいい!

お惣菜やお弁当なんかも種類豊富なんです。
チラリと見た感じでわかるのは、ソムタム・ラープ・パッタイ・ガパオライス・グリーンカレー・マッサマンカレー・カオマンガイなどなど。

全ての商品にHALALのシールが貼られていて、一目瞭然で牛と鶏のみを使用した食事なのが分かります。
そしてどの商品も日本値段の相場からしたら激安な上にボリュームも十分だから驚きです!

こちらがデザートゾーンですが、こんなに沢山の種類を販売されてるお店ははじめてお目にかかりました。
さすがはマニアの間でデザートが豊富だと噂されるくらいですね。

寒天を使ったゼリー・プリン・ワッフル・ようかん・もち米のデザートやらチジミクレープなる食べたことも聞いたこともないデザートまで。
女性に好きな人が多い、カオニャオマムアンはマンゴーが1/2個たっぷり使われてます。
そしてカウニュウ・マンモアって書いてあって思わず笑ってしまいました(笑)

デザートもお惣菜やお弁当と同じくとても良心的な価格で、こんなお店が大阪にあったらしょっちゅう通いたいな〜と思わせてくれるお店です。

ここではデザート2品を購入して次に我々が向かったのは・・・。

お惣菜店とレストランの2店舗経営のお店だった!

先程のお惣菜店を出て100mほど歩くと同じ名前のお店に辿り着きました。

こちらは店内で注文して食べられるレストランです。
お店の外も中もボロボロなんだけど、なんとなくそれがいい感じなんです(笑)

お店のスタッフさんはタイ人のおばちゃん2人ですが、明るくゆる〜くアバウトでザ・タイ人!です。

ルンルアンのメニューは?

ランチメニュー.

ここからがディナーメニュー。

ランチとディナーのメニューが分かれていますが、お昼に来ても夜メニューの単品が頼めます。
それにしても、やっぱり価格が良心的だな❤︎

ラープガイ/鶏ひき肉とタイスパイシーの和え物.

アイ隊長も私も好きなラープ❤︎
昨日も食べたけど、毎日食べても食べ飽きない酸っぱスパイシーな味が病みつきになるこの料理。
ここのお店のラープはバンコクとイサーンバージョンから味付けが選べたので、イサーンバージョンのラープをお願いして一口食べて「?」と思ったのですが、柑橘の味が全くしなくて「マナオ下さい」とお願いすると「イサーンではマナオ入れないよ」っとおばちゃんから一言。

わーお!それは初耳でした。当たり前に酸っぱくてスパイシーな食べ物としか知らなかったので、アイ隊長と二人で「そうなんだ!」となりました(笑)

鶏ミンチは包丁で叩いて調理されていてゴロッとしっかりした大きさで食べ応えがありました。

カオモッガイ/タイ式鶏の炊き込みご飯.

こちらのお店では日本のタイ料理店でほとんど見かけることがない、カオモッガイが食べられます。

カオモッガイは、カレー味の鶏肉が入った炊き込みご飯でインド料理でいうところのビリヤニです。
インドのビリヤニは昨今ではいろんなお店で食べられるようになってきましたが、タイのカオモッガイの方はまだまだ周知されていなくて日本では食べられるお店は少なくて希少です。

味が美味しかったです❤︎
んが!ご飯の水加減に失敗したようでベチャ飯でした(涙)
味がいいだけに残念でした。

けどまた今度来る機会があれば、もう一度トライしたいな。

デザートの持ち込みはもちろん可能です。

さきほどお惣菜店で購入したデザート2品は、こちらのレストランに持ち込んで食べても大丈夫です。
左のデザートがタイ風チヂミでタロイモ・バナナ・カボチャにココナッツミルクとタイのもち米を加えて練り焼いたものです。栄養満点なデザートですね。

右のデザートはカノムチャンというタピオカ粉と上新粉で作られたココナッツ風味のモチモチ食感のゼリーです。
2つとも日本のタイ料理店では提供してるお店は、私の知る限りですが見たことがないのでこれまた希少なデザートです。

食べてみたくなった方はルン・ルアンへgo♪

タイトルとURLをコピーしました