箕面の完全予約制・1日1組限定のタイ料理コースが食べられる自宅レストラン|美食伝統タイ料理ARTISTプリック

アジアグルメ食べ歩き

とある日の東南アジアグルメ食べ歩きは、箕面市の【ARTISTプリック】です。

(この記事は2020年1月30日に公開したものを再編集して投稿したものです)

箕面市の完全予約制・1日1組限定!隠れ家レストランで絶品タイ料理コースを堪能しました|美食伝統タイ料理ARTISTプリック
とある日の東南アジアグルメ食べ歩きは、箕面市の【ARTISTプリック】です。 (この記事は2020年6月3日に公開したものを再編集して投稿したものです) こちらのお店は 今年の1月に一度だけ来店したことがあります。 ARTISTプリックって...

ARTISTプリックってどんなお店?

ARTISTphrik-shop1
ARTISTphrik-shop2
ARTISTphrik-shop3
ARTISTphrik-shop4
ARTISTphrik-shop5
PlayPause
ARTISTphrik-shop1
ARTISTphrik-shop2
ARTISTphrik-shop3
ARTISTphrik-shop4
ARTISTphrik-shop5
previous arrow
next arrow

箕面市の阪急牧落駅を東南方向に進むこと、徒歩20分程の閑静な住宅街の中に位置します。
辺り一面セレブな豪邸ばかりの中、ARTISTプリックもご覧のとおりセレブな一軒家でありタイ料理レストランです。

中にお招きいただくと、さらにゴージャスさとセンスの良さに衝撃を受けました。
こちらのお宅のオーナーシェフは、とにかく多彩!
絵画・陶芸・エッグアート・レースドール人形に至るまで、そのすべてがプロの域でたくさんの作品がズラリと並びます。
凄い!凄すぎる!
芸術とは程遠いメンツで来店した私たちは、初めて見る素敵な作品に終始唸りっぱなしでした(笑)

ARTISTphrik-shop6
ARTISTphrik-shop8
ARTISTphrik-shop9
PlayPause
ARTISTphrik-shop6
ARTISTphrik-shop8
ARTISTphrik-shop9
previous arrow
next arrow

お食事の部屋は2階のリビングですが、そこでも完璧なインテリアコーディネートに一同ため息が溢れました♡

カウンター席の総席数12席。
広々としていますし、なによりこの空間に流れる空気がとてもよくて癒されます。
また室内は隅々まで掃除がゆき届いていて、オーナーシェフの心遣いがとても感じられます。

ARTISTプリックのメニューは?

グランドメニュー | 箕面牧落(桜井駅)のタイ料理|ARTIST プリック
大阪の北摂、箕面にあるタイ料理レストランです。当店では全国でも数少ない生ハーブをつかったタイ料理がお楽しみいただけます。家庭的でアットホームな空間で落ち着いて召し上がっていただけます。

お食事は、月代わりのコース料理|¥10.000
リクエストしたいお料理があれば、予約の際にリクエストも可能です。

ARTIST Phrik-manu1
ARTIST Phrik-manu2
PlayPause
ARTIST Phrik-manu1
ARTIST Phrik-manu2
previous arrow
next arrow

こちらはドリンクメニューで、タイのビール・カクテル・ワインに地元の地ビール箕面ビールや焼酎。
ノンアルコールカクテル・ソフトドリンクと種類豊富です。

チョウマメ|butterfly pea|อัญชัน

ARTIST Phrik1-3
ARTIST Phrik1-5
ARTIST Phrik1-4
PlayPause
ARTIST Phrik1-3
ARTIST Phrik1-5
ARTIST Phrik1-4
previous arrow
next arrow

席に着くと、アンチャン(タイ名)のウェルカムティーを淹れて下さいました。
透き通るクリアブルーのお茶ですが、ライムを入れて軽くステアするとアンチャンのアルカリ性と、ライムのクエン酸とで化学反応を起こし紫色に変化します。

オールフリー・ライムショット

昼間から飲むのは抵抗はありませんが、この日はノンアルコールな気分だったのでコレをいただきました。
サッパリとおいしい。

前菜の盛り合わせ|アーハーンリアックナームヨイ|อาหารเรียกน้ำย่อย

ARTIST Phrik1-7
ARTIST Phrik1-8
ARTIST Phrik1-9
ARTIST Phrik1-10
ARTIST Phrik1-11
ARTIST Phrik1-12
ARTIST Phrik1-13
PlayPause
ARTIST Phrik1-7
ARTIST Phrik1-8
ARTIST Phrik1-9
ARTIST Phrik1-10
ARTIST Phrik1-11
ARTIST Phrik1-12
ARTIST Phrik1-13
previous arrow
next arrow

【揚げパン|カノムパンナーム|ขนมปังหน้าหมู】

よくある食パンではなく、フランスパンを使用した揚げパンでした。
さすがはマダム!洒落てますね。

【海老せんべい|カオグリヤップクン|ข้าวเกรียบกุ้ง】

おつまみの定番。何度も食べてるのに、あると手が伸びる食べやすいチップス。

【豚の角煮|ムーパロー|หมูพะโล้】

これもまた、マダムの腕にかかれば甘辛過ぎず高貴な味になります。

【レモングラスのサラダ|ヤムタクライ|ยำตะไคร้】

水菜・レタス・セロリ・青唐辛子入りのサラダですが、水菜が持つ水分が引き立っていてサッパリでおいしいです。

【フェイジョア|ฝรั่งขี้นก】

フトモモ科の果実で、食べると渋みがある洋梨のような味です。
渋みとおいしさの相反するところが、個人的に好きなんですよね。

【紫芋のタピオカココナッツ団子】

見た目は日本風ですが、食べるとしっかりタイの味がします。

海老の酸っぱ辛いスープ|トムヤムクン|ต้มยำกุ้ง

ARTIST Phrik1-14
ARTIST Phrik1-15
PlayPause
ARTIST Phrik1-14
ARTIST Phrik1-15
previous arrow
next arrow

こちらのトムヤムクンを一口飲むと、一同衝撃が走りました!
今までどんなお店でも飲んだことのない、上品でまろやかなスープの味に「お鍋いっぱい飲みたくなる味」と大絶賛でした。

青いパパイヤのサラダ|ソムタム|ส้มตำไทย

ARTIST Phrik1-16
ARTIST Phrik1-17
PlayPause
ARTIST Phrik1-16
ARTIST Phrik1-17
previous arrow
next arrow

具材は青パパイヤ・金柑・柿・ハヤトウリ。

ちなみにハヤトウリとは、熱帯アメリカ原産のウリ科の植物の果実のことです。
今まで口にしたことがない季節の食材がいただけて、体の中に染み渡るような感覚でしたよ。

豚の焼飯|カオパットムー|ข้าวผัดหมู

ARTIST Phrik1-18
ARTIST Phrik1-19
PlayPause
ARTIST Phrik1-18
ARTIST Phrik1-19
previous arrow
next arrow

美味しそうなタイ風目玉焼きがのってます。
普通に盛り付けられているだけなのにセンスがいいですし、目玉焼きの形・色までが美しく見えます!

カボチャのココナッツミルク煮|ケーン ブアット ファクトーン

ARTIST Phrik1-20
ARTIST Phrik1-21
PlayPause
ARTIST Phrik1-20
ARTIST Phrik1-21
previous arrow
next arrow

デザートの味も甘過ぎず、上品な甘みです。

お料理全てがバランスがよく優しい味のタイ料理で、オーナーシェフの人柄がそのまま料理に表わされている。そんな素敵なお料理でした。

食後の自家製ハーブティー|ชาสมุนไพร

食後はレモンバームとミントのハーブティーをいただきました。
ハーブはすべてフレッシュなので、風味が凄くって五感に響きましたよ。

ゆっくりお茶を飲みながら、オーナーシェフがタイ料理レストランをオープンさせるまでのお話を聴かせていただきました。。

マダムのお話|最愛の人との別れを、プリック!唐辛子に救われた人生

元々タイ料理好きだったオーナーシェフですが、最愛の旦那さんを病気で亡くし悲しみのどん底にいたとき、自宅から一歩も外出することができず、ひたすら絵を描く日々が続いたそうです。

「このままでは自分が駄目になる」

「どうにかして立ち直らなければ!」

そう思い立ち、バイトに出たさきがスパイス店でした。
そこで勤務中のある日、階段を登る途中で突然意識を失い1階まで仰向けに倒れた場所に、たまたま大量の唐辛子のストックがあり無傷で助かったそうです。

「あぁ…私は唐辛子に助けられたんだ」

そのときそう実感したそうです。
「Artist=シェフ」
「プリック=シェフにはなくてはならない元気の源」

プリック!唐辛子パワーで更なる飛躍!

プリックに助けられ元気付けたれたシェフは、バンコクの料理人・竹下ワサナ氏のもとで一からタイ料理を学びました。

そこから、阪急石橋阪大前駅の近くで小さなレストランをオープンさせたのちに、今の自宅レストランのスタイルに落ち着いたそうです。

初来店でしたが、とっても上品で柔らかい優しさを感じるオーナーシェフの魅力にすっかりファンになってしまいました♡

また、ゆっくり再来したいと思います。
本日も健啖です。
「ごちそうさまでした!」

タイトルとURLをコピーしました