黒門市場近くの本格タイ料理|Fan Sapparot

アジアグルメ食べ歩き

とある日の東南アジアグルメ食べ歩きはFan Sapparotです。

Fan Sapparot|ファンサパロットってどんなお店?

場所は日本橋の黒門市場近く。
近鉄日本橋駅の9号・10号出入り口からすぐ近くに位置します。

お店の外観はこんな感じで昼間に行ったときには気がつかなかったけど、夜はとっても派手で目立ってますね。

店内は、細長い間取りで1階はカウンター席と厨房のみ。
2階がテーブル席なのでゆっくり食事できます。

Fan Sapparotのメニューは?

manu1
manu2
manu3
manu4
manu5
manu6
manu7
previous arrow
next arrow

こちらのお店では昼夜問わず単品メニューが頼めます。
アレもコレも食べたい人にはありがたいですよね。

ヤム ネーム(自家製タイソーセージのサラダ)|ยาแหนม

ヤム ネーム(自家製タイソーセージのサラダ)

酸味のある発酵ソーセージを使った肉にくしたサラダのような和えものです。
私はネームが個人的にとても好きで、メニューにあると「ここのお店のはどんな味だろう?」という感じでほぼ必ず注文します。
これがまた、ビール合うんだな☆
そして、とっても辛いです!

ナム トック ムー(豚肉のサラダ)|น้ำตกหมู

ナム トック ムー(豚肉のサラダ)

メニュー名はナムトックムー(豚肉)ですが、完全にラープムー(豚ひき肉)なタイ東北地方イサーン料理です(笑)

豚の内臓入りで本格的です❤︎
こちらもビールに合うメニューで、とっても美味しい。
混ぜ合わせた炒りタイ米の食感もたまらんな〜。

ムーピン(豚の串焼き)|หมูปิ้ง

ムーピン(豚の串焼き)

辛い料理が連発したので、甘い味付けの料理で一息いれます。
ハーブの風味が効いていてこれまて美味しい。

そして、辛くても甘くてもタイ料理はビールにとてもよく合うのです(笑)

トート マンクン(海老のすり身揚げ)|ทอดมันกุ้งชิ้น

トート マンクン(海老のすり身揚げ)
直訳すると海老のケーキ。
外はカリッと、中はふわっとした海老のすり身揚げです。
辛くないタイ料理なので万人ウケ間違いなしです。

パックブン ファイデーン(空芯菜炒め)|ผักบุ้งไฟแดง

パックブン ファイデーン(空芯菜炒め)
こちらも日本人に人気なタイ料理のひとつ。
空芯菜のシャキシャキの食感がたまらないのです。
たまに、火を通しすぎてせっかくのシャキシャキ食感が無くなってるものに当たったときは悲しくなるのですが、こちらのお店は2度来店して2度とも美味しかったので間違いないですよ。

ガイ トート ガティアム(鶏のニンニク揚げ)|ไก่ทอดกระเทียม

ガイ トート ガティアム(鶏のニンニク揚げ)
これまた甘い味付けの鳥料理です。
揚げニンニクが使われてますが、火を通してあるので強烈な香りはなく食べやすかったです。

カオラート ガパオ ムーグローブ(タイバジルと揚げ豚の炒めもの)|ข้าวราดกะเพราหมูกรอบ

カオラート ガパオ ムーグローブ(タイバジルと揚げ豚の炒めもの)

見るからに美味しそうで、食べてみるとカリカリ揚げ豚とガパオの風味の組み合わせがとても美味しいです。
それに目玉焼きの揚げ焼き加減も好みだな❤︎

とまぁ、こちらのお店は何を食べても美味しいお店でした。
スタッフは全員タイ人で、みなさんフレンドリーで気さくです。
けど、ひとつだけ・・・夜来店したときは酔いながらお仕事されていた様子で、お会計のときにお釣りがなくてお客で来ていた同じタイ人の方に「いくら出して」「ないわ!」みたいなやり取りが始まって最終ケンカのようになってしまいました。
一緒に来店した連れが、呆然とその様子を眺めていたのが今でも忘れられません(笑)

本日も健啖です!
また他のメニューは食べに行った際に順次更新していきますね。
「ごちそうさまでした」

ファンサパロット · 〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1丁目17−23
★★★★☆ · タイ料理店
タイトルとURLをコピーしました