北海道一!陽気なタイ人女性シェフのお店/JIDAPA DX(ジダパデラックス)

北海道

とある日の東南アジアグルメ食べ歩きはJIDAPA DX(ジダパデラックス)です。

JIDAPA DX(ジダパデラックス)ってどんなお店?

場所は、北海道札幌市中央区南4条西1。
すすきのの繁華街から少し外れた場所のハイツのような外観の雑居ビルの2階に位置します。

このビル前の一ヶ所だけこんな暗い路地を通るのですが、なんともいえないディープ感がこの一角だけに漂っていてウケる(笑)

店内はこのように大きなテーブルがお店の真ん中にどんと置かれていて、お客さんはこの大きな机を囲むようにして座るスタイル。
コロナ以前はシェフ以外にスタッフさんが2名いたので、2階席も開放されてたそうですが今は1階席のみでシェフお一人でお店を切り盛りされていました。
この他に、カウンター席もあったので私はそちらに座りました。

カウンターの目の前にには厨房があり、写真にチラッと写っているのがこのお店の店主で女性シェフのJIDAPAさんです。
ちなみに彼女、かなりの美人で若いときは(今も)モテたろうなと思います☆

席に着くや否や店主でありこのお店のシェフでもあるJIDAPAさんに「誰から聞いて(ここへ)きたの?」と問われたので、eriさんにお聞きした旨を伝えると「あぁー!彼女辛いの好きねーパッキーマオ〜!」っと一言。
辛いのがお好きな北海道が産んだ女神erisbaaiが、ここへきて激辛パッキーマオを食べているところを想像してむっつり笑うのでありました(笑)

eriさんのことはこれまでの記事で何度もご紹介していますが、まだ知らないというかたに最近の可愛いshotをどうぞ・・・❤︎

JIDAPA DX(ジダパデラックス)のメニューは?

写真付きで見やすくてシンプルなメニューです。そして、オカズと炭水化物の品数が半々で男前!

まずはLEOビール!

LEOビールを頼むと同時に本日の一品が出されました。
マカロニサラダですが、素朴な味でほっこりさせられます。

ママ特性タイのお漬物/ผักดอง

斬新な切りかたのコブミカンの葉をみて、ほっと一息つきビールと共にまた漬物を胃の中へ。
キムチに似てるけど、タイの味がする不思議なお漬物です。
チョイ飲みのアテにはピッタリ♪

ヤムウンセン/ยำวุ้นเส้น

「辛いの好き?」と聞かれましたので「大好きです!」と答えて辛めの味付けにしていただきました♪
真っ赤なお皿に赤唐辛子で染まるヤムウンセンの登場です。
具もお野菜もたくさんで美味しいです。
辛いヤムとビールは最高です❤︎追加でもう1本おかわりしました。

他にも食べたいメニューはありましたが、食べ歩き途中なのでこちらではこの2品で抑えました。

スーパー明るいタイ女性シェフのJIDAPAさん。

オーダーが通り料理をしてるときは黙っで厨房の中へ。
料理を提供し終えると同時に客席へ出ておしゃべりを始めるおちゃめなJIDAPAさん。

この日はなにやら東京の知り合いのブティックで購入したカバンが届いたそうで「見て!これ可愛いでしょ」と店内を一周されてました(笑)

さらにこの後、写真を撮って欲しいとお願いされたので、縦から横から斜めから〜何枚か撮影協力させていただきました。
カメラを向けるといろんなポーズを向けてくれるJIDAPAさんを撮影しながら、こういうところがタイ人ぽいなと思いました❤︎

まぁ、とにかくスーパー明るく陽気で一緒にいるお客さんも笑顔が炸裂な状態でした。

じつはこちらのお店はeriさんが大好きなお店で、札幌到着の初日に店前まできてみたものの定休日で来店できなかったお店。
次回、札幌にくるときは絶対に我々SetでJIDAPAさんに会いにきたいと思いました。

本日も健啖です!
北海道食べ歩きの旅はまだまつづきます。
「ごちそうさまでした」

タイトルとURLをコピーしました