東北地方のトムセープとカオニャオのレッスン|タイ料理×紅茶講座×ラフエイジアのアジア雑貨販売イベント

料理教室

とある日の東南アジアグルメ食べ歩きは、中崎町のコモンカフェで【タイ教室×紅茶講座×アジアン雑貨販売】のコラボイベントに参加してきました。

コモンカフェ |common cafeってどんな場所?

Roughasia Thei Lesson

地下鉄谷町線「中崎町駅」の4番出口からすぐの、吉村ビルの地下一階に位置します。

こちらのカフェでは日替わり店主システムを採用していて、毎日違う店主が色んなサービスや料理を提供します。
ときには音楽ライブだったり、さまざまなイベントが開催されることのある多目的な空間です。

伊丹のアジアン雑貨店|ラフエイジアの可愛い雑貨たち

RoughasiaLesson-3
RoughasiaLesson-2
PlayPause
RoughasiaLesson-3
RoughasiaLesson-2
previous arrow
next arrow

この日の料理教室で実際に使うのと同じ、タイの調理道具(石うす、ホーロー鍋など)があったり。
また、調味料を中心としたキッチン雑貨や小物の販売ブースもありました。

ラブエイジアでは、可愛いタイ食器やホーロー製品をたくさん取り扱っているのですが、その中でも四角い石うすはラフエイジア特注のもので、よく見るクロックと比べると格段に安定度が増して使いやすく理に叶った商品です。

アジアン雑貨ショップ ラフエイジア|アジアの台所用品や雑貨小物をセレクトしてお届けします
タイを中心に厳選した良品のアジアの調理道具や台所用品、アジアの布地を使ったアジアンテイストな雑貨小物などを販売する兵庫県伊丹市にあるアジアン雑貨ショップ ラフエイジア。石うす(クロックヒン)研究会やタイ料理教室も人気。ZEBRAステンレス製弁当箱やビリーカン取扱いサイズは国内NO.1。
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

momoko’s Thai cook|桃子先生のタイ料理教室

タイに8年間在住した経験を持ち、現在東京都表参道でタイ料理教室【momoko’s Thai cook】を経営されてる植田桃子先生にレシピを学びます。

とても独特なオーラを放ち、妖艶な魅力のある桃子先生は、タイ料理の世界のみならず、シンガーソングライターでもあり、ご自身が活躍するバンドのLIVEでもタイ料理を振る舞うことのある、とっても個性豊かな女性です。

https://www.momokomotion.com/momokothaicook

タイ東北地方のお料理レッスン

RoughasiaLesson-4
RoughasiaLesson-5
RoughasiaLesson-6
PlayPause
RoughasiaLesson-4
RoughasiaLesson-5
RoughasiaLesson-6
previous arrow
next arrow

この日レクチャーいただいたタイ料理は東北地方のレシピでした。
タイ料理に欠かせないハーブは、伊丹市の【テラゲンファーム】で育てられたものです。
珍しい枝付きの唐辛子は、食べてしまうのがもったいないほどの可愛さです。

テラゲンファーム | 兵庫県伊丹市の農家と養蜂。野菜、ハーブ、ハチミツあります。| TERRAGEN FARM
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
RoughasiaLesson-7
RoughasiaLesson8-
RoughasiaLesson-9
RoughasiaLesson-10
RoughasiaLesson-11
PlayPause
RoughasiaLesson-7
RoughasiaLesson8-
RoughasiaLesson-9
RoughasiaLesson-10
RoughasiaLesson-11
previous arrow
next arrow

トムセープ作りには、たっぷりのハーブが入りお店中がいい香りに包まれます。

調理器具の全てがラフエイジアで販売されているもので、実際に触らせてもらうと物欲がフツフツ湧いてきて、アレもコレも欲しくなる(笑)

餅米を蒸す作業では、専用の鍋と竹ザルを使います。
鍋に水を張り、火にかけ下から蒸して、とき折り上下に揺らしながらまんべんなくお米に熱を入れることで、手で触れてもパラパラとした仕上がりになるんです。

石うすを手に取り作業する場面では「こっちのクロックはどんな使い心地かな?」という具合に、それぞれの形状や使用感の違いを体験できて楽しいです。

お楽しみの試食タイム

イサーン地方の旨辛いスープ|トムセープ|ต้มแซบ

Roughasia Thei Lesson

豚や牛の内臓・骨付き肉を出汁に、ナンプラーの塩味・タマリンドの酸味・数種類のハーブの香りに唐辛子の辛味が効いた、あっさりシンプルなのにコクのあるスープが仕上がりました。
タイ東北地方ならではのスープで、味はスッキリしているけど個性的。

「一度にたくさん仕込んで、作り置きしてみようかな?」と話すと、ラフエイジアさんからトムセープ→トムカーガイ→トムヤムクンの順で、アレンジしたら食べ飽きないんじゃない?とアドバイスをいただきました。

ズボラな私には最高なアイデアです(笑)

インディカ餅米蒸し|カオニャオ|ข้าวเหนียว

Roughasia Thei Lesson

タイ東北地方やラオスでは、炊いたお米よりも蒸したもち米を主食として食べます。
専用のカゴを使って蒸しあげることで、米粒がパラっとしていて手づかみで食べられます。
日本の餅米と比べると、軽く香ばしい独特の香りがおいしいです。

カノムパン カオニャオムーン アイティム|ขนมปัง ข้าวเหนียวมูน ไอตีม

RoughasiaLesson-17
RoughasiaLesson-18
RoughasiaLesson-19
PlayPause
RoughasiaLesson-17
RoughasiaLesson-18
RoughasiaLesson-19
previous arrow
next arrow

プレーンなパンに、ココナッツミルクで味付けたもち米とアイスをサンドした、タイの庶民的なザートです。
現地ではココナッツアイスをサンドするそうですが、バニラアイスで代用して仕上げにクロックで砕いたナッツを振りかけました。

このデザートがおいしくて!

食べる前までは、ご飯をお菓子にするだなんてチョットな〜っと思っていたものの、食べてみるとアイスの甘さが淡白な餅米とパンとで調和されて (゚д゚)ウマー

2cupsから教わる紅茶の基本

RoughasiaLesson-15
RoughasiaLesson-14
RoughasiaLesson-16
PlayPause
RoughasiaLesson-15
RoughasiaLesson-14
RoughasiaLesson-16
previous arrow
next arrow

食事を終えてからは、2cupsによる紅茶の淹れ方講座が始まりました。
好きな紅茶を一つ選べるのですが、たくさんあって迷うのと茶葉の説明に記憶力がついて行けず…。
最後は、インパクトがある茶葉「スモークチャイ」を選びました
一度、茶葉を燻したもので味はかなりクセがある!
まるで正露丸のような…とてもパンチの効いた紅茶でしたよ。

【2cups】は毎週火曜日・コモンカフェで、火曜日を担当されています。

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

今回のレッスンはいつもと違って、スープとカオニャオとデザートだけで、ボリューム的にお腹満たされるかな?と心配だったものの、カオニャオの餅米パワーできっちりお腹いっぱいになりました(笑)

また、色んな職種の人が参加されていて名刺交換したり、お喋りにも花が咲き楽しかったです。

本日も健啖です!
「ごちそうさまでした」

タイトルとURLをコピーしました